曹魏の宿将!曹仁とは!?

更新日:

皆さん、こんにちは!こんばんは!うまぽよです🐴✨

今日もご覧いただきまして誠にありがとうございます!

さて、今回は覇王:曹操の一族の中でも屈指の守備力をもつ勇将をご紹介いたします!その生涯を一緒に学んで、人生のヒントを見つけていきましょう!!

曹仁:コーエーテクモゲームス

「味方の危機だ!直ちに援護に向かう!」

英雄名

曹仁(そうじん) 字:子孝(しこう)

生 涯(168~223年)

曹仁は魏の覇王:曹操の一族であり、豫州沛国譙県(現在の安徽省)が出身地とされています。

若いときから武勇に優れた人物で、弓術・馬術の腕を磨き、狩猟を得意としていました。

やがて黄巾の乱が発生し、世の中が乱れてくると自分も周囲のヤンキーたちを集めて各地を暴れまわった後、乱世に名を挙げようとする従兄:曹操に従うようになりました。

曹操が全国各地に名を知られるようになった193年、名門出身の武将:袁術(袁紹の弟)との戦いにて、数多くの武将の首級と捕獲して活躍。更に、曹操の父親を殺害した武将との戦いでも大いに働いて、太守に任ぜられます。

197年、張繍(ちょうしゅう)という武将が曹操をもてなすフリをして夜襲を掛けてきた際には、敗走しながらも曹操軍の兵士全体を励まし続けて、全体の士気の低下を防ぎました。

200年、巨大勢力である袁紹との戦いでは、敵側にいた劉備軍と対峙してその弱点を素早く見抜き、見事に撃ち破っています。この戦いで袁紹の勢力は滅び去り、大陸の中央部分の大半が曹操の領地となりました。

205年、城攻めの際に曹操から「城全体を隙間なく囲み、敵は全員生き埋めにせよ」という命令を受けたとき「城攻めの時は、完全に囲むと敵の士気が逆に上がってしまいます。一つだけ退路を造れば、士気が落ちて降伏することになるでしょう」と助言しその通りになりました。

208年、破竹の勢いで勢力拡大を行っていた曹操軍でしたが、劉備・孫権の連合軍との”赤壁の戦い”で大敗してしまいます。その後、孫権軍の中でも特に有能な知勇兼備のイケメン軍師:周瑜と対決することになりました。

曹仁は部下である牛金(ぎゅうきん)に兵士300人を預け、敵を急襲するように指示を出しますが、相手の兵力は20倍。あっという間に囲まれてしまいます。

これを見た曹仁は精鋭の部下数十人を引き連れて、敵陣に突撃を開始。牛金を救い出して自陣に戻り、更に取り残された部下がまだいることを知ると再度敵陣に切り込んでいき、これを救出しました。

牛金をはじめ軍の兵士たちは「曹仁将軍は人の子の域を超えている。天上の方に違いない」と心からの賞賛を贈りました。

211年、猛将と知られる馬超が反乱を起こすと、曹仁は曹操の本隊が到着するまで要所を守り切り、これを退けました。

218年、大陸中央部の荊州という土地を巡り、蜀の軍神:関羽と対峙した際には、厳しい天候と水責めを喰らい、味方武将が次々と討死・投稿していく中で、本国から援軍が来るまでよく兵士を励まし、敵の攻撃を防ぎ切り、関羽を敗走させました。

220年に曹操の子:曹丕が魏王に就いても、曹仁の忠誠心は変わらずに、国を支え続けました。

その後も細かい敗戦もあったものの常に戦場に立ち続け、大将軍に就任。

238年に病死するまで、変わらない忠を尽くし、死後は偉大な国の功労者として、名将:夏侯惇や軍師:程昱らとともに曹操の廟庭に祀られました。

エピソード

・若い頃はヤンキーで、曹操というカリスマに出会い更生。軍人全体の模範になる将軍に成長するという、まぁヤンキー先生もびっくりなドラマティックヒストリーを持つ武将であります。

・馬術や指揮能力に優れていたことから重用され、大陸を縦横無尽に駆け回った勇将ですが、小説等ではあまり目立った活躍をした武将として語られることは少ない印象です。

私 見

数々の戦で活躍し、こと守備や救出任務にかけては三国志中随一の働きをする曹仁。このような人が味方でいてくれる軍の兵士はさぞ心強かったことでしょう!主君の一族だからといって調子に乗った行動をすることも少ないところも好感を持てますね!

曹仁の長所は、

・規律を重んじて、自ら行動できること。

・味方の苦戦や危機に対して素早く駆けつけることができること。

短所は、

・少数で無理をすることがたまにあること。

こんなところでしょうか。堅実な武将であるほど、破天荒さもないので物語では地味な印象ですが、こういった人物こそ、実際は本当に英雄といわれるべきなのかもしれませんね。大切な人を守る精神は現代においても非常に重要なマインドだとおもいます。

さて、いかがだったでしょうか。皆さんの人生に役立つことはありましたか?

この記事を読んだ方に幸福が訪れますように!!

最近の世界の情勢は不安定であり、数多くの命が一部の権力者たちによって奪われています。

今こそ国の在り方、人間一人一人の生き方を深く考え行動する時期に来ているのではないでしょうか。

世界に平和を!!







-生き方, 自己啓発, 武将, 三国志, 曹仁

Copyright© うまぽよのパワースポットと自己成長研究所 , 2022 All Rights Reserved Powered by STINGER.