槍の又左!前田利家とは!?

更新日:

皆さん、こんにちは!こんばんは!うまぽよです🐴✨

今日もご覧いただきまして、誠にありがとうございます!!

さて、今回は豊臣秀吉を支えた槍の豪傑をご紹介いたします!その生涯を一緒に学んで、人生のヒントを見つけていきましょう!

前田利家:コーエーテクモゲームス

「俺の前に立つたぁ、いい度胸してやがる!!」

英雄名

前田利家(まえだ としいえ)

生 涯

前田利家は、1538年に尾張(現在の愛知県)の豪族・前田利昌(としまさ)の4男として生を受けました。幼名は犬千代、通称を又左衛門といいました。

当時の尾張という土地は、まだ統一されておらず、一帯を支配していた織田家でさえも、身内同士で争っているような状況でございました。14歳で魔王:織田信長に仕官した利家は、信長の身の回りを世話する役目を担いました。若い頃の利家は、派手な服装・槍を好み、短気で喧嘩っ早いことから「槍の又左衛門」の異名をとる傾奇者でありました。同じく「うつけ者」であった(演じていた?)主君:信長とは気が合い、数々の戦場を駆け回りながら戦功をあげていきました。

賢妻として知られている妻:まつとは、20歳の時に結婚しました(この時、まつは11~12歳くらい・・・え?( ゚Д゚))。しかし、とがった性格は治らず、22歳の時に、信長お気に入りの茶坊主を斬ってしまい、信長の怒りを買ってしまいます。通常であれば、処刑は免れないところ、目をかけてくれていた織田家重臣:柴田勝家らの説得によって、出仕停止処分となり、浪人生活となりました。しかし、そこは傾奇者である利家、織田VS今川の「桶狭間の戦い」や美濃攻略にこっそり参戦して、猛将を討ち取ることで織田家復帰を果たすのでした(どんだけ強いんだよ!)。

利家が織田家に帰参したとき、前田家は兄である利久(としひさ)が継いでいましたが、武芸に劣り実子にも恵まれなかったため、信長から「前田家の家督は、利家に継がせるように」との命を受け、利家が当主となりました。

当主となった利家は、朝倉・浅井家との「姉川の戦い」や「一向一揆」の鎮圧、武田家との「長篠の戦い」を経て、越前(現在の福井県北部)の府中を領土としました。その後も着実に功績を積み上げて、能登(現在の石川県北部)を任せられることとなりましたが、その直後に「本能寺の変」が発生。信長は明智光秀によって討たれ、その後継をめぐって豊臣秀吉と柴田勝家が対立してしまいます。利家にとって秀吉は親友、勝家は敬愛する上司。親しい2人の間で利家は揺れます。当初は、勝家側についていましたが、内部の権力抗争も相まって戦意は乏しく「賤ヶ岳の戦い」以降は秀吉側に従いました。

秀吉としても利家が板ばさみになってた心情が分かっていたので、特に処罰等を行わず、逆に相談役として重用しました。

利家は、秀吉の天下統一に尽力し続け、秀吉が家康と対立した時に隣国から侵攻を受けても見事にこれを撃退し、秀吉有利の盤面づくりを行いました。

こうした律儀で着実な功績が認められ、最終的に加賀(現在の石川県南部)・能登・越中(現在の富山県と新潟県西部)に100万石という広大な領地を支配することとなり、北陸の大大名として豊臣になくてはならない存在となりました。

さらに、北条家との「小田原征伐」への参加、奥州(現在の東北地方)の大名たちとの仲介をも行い、秀吉による天下統一が果たされた後は、五大老及び豊臣秀頼の補佐役として指名されました。秀吉の死後は豊臣家の筆頭として他家に睨みを利かせていましたが、秀吉の死からわずか7カ月後、62歳で病没しました。

エピソード

・利家は身長182cm、細身に端正な顔立ちであったといわれています(〇ャニーズかな??(+o+))

・利家の槍は長さ約6m30cmを振るっていたとされ、「天下第一の槍」と信長に絶賛されました。

・元服直後の戦において、敵の矢が顔に刺さりながらも奮戦し、相手の首級を挙げました。これには、信長様も大喜び(*’▽’)。

・利家は武芸に優れていただけではなく、能や茶にも明るい文化人であり、また浪人生活でお金の大事さも分かっていました。貧しい大名にはお金を貸した上で「返せない者から取ってはならん」との言葉を残しています。そのため、多くの武将から慕われたといいます。

・秀吉は利家の邸宅をよく訪問しており、個人的にも親密な関係であったとことがうかがえます。

・城の天守に幽霊が出ると噂になったとき、肝試しを行いました。その豪快な姿に秀吉は感心したといわれています。

・利家は禁教令で改易された大名を保護した他、自身もキリスト教徒(その名もオーギュスタン)の洗礼を受けたという逸話もあります。

・利家が危篤となったとき、妻:まつは「あなたは今まで戦場で多くの命を殺めてきました。死後が不安です」との声を聴き、「俺は理由なく人を殺したことは1度もない。これで地獄に落ちたら、閻魔大王相手に大暴れしてくれる!」と啖呵をきったといわれています。

前田利家:コーエーテクモゲームス

私 見

若いときは傾奇き、年齢を重ねるごとに人間としての器が大きくなっていく。非常に好感の持てる人物である利家。もう少し長生きだったら、豊臣政権の未来も変わっていたのかもしれません。

利家の長所は、

・武芸の他にも自分を磨き、自分の可能性を広げていること。

・弱き者に優しく、見返りを期待しない言動ができること。

短所は、

・若いときは、気が荒らく人まで殺していること。

こんなところでしょうか。短所の部分もあって、利家が人間的成長をしたともいるので、何とも言えませんが。。。今現在でも地元を中心に広く慕われている武将である利家は、晩年になるほど奥深い人物であると感じます。私も、人間的魅力を常に磨いていきたいと考えます。

さて、いかがだったでしょうか。皆さんの人生に役立つことはありましたか?

この記事を読んだ方に幸福が訪れますように!!







-戦国武将, 武将, 前田利家, 生き方, 自己啓発

Copyright© うまぽよのパワースポットと自己成長研究所 , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.