冀州の白馬将軍!公孫瓚とは!?

更新日:

皆さん、こんにちは!こんばんは!うまぽよです🐴✨

今日もご覧いただきまして、誠にありがとうございます!

さて、今回は三国志の大徳:劉備と親交があり、白馬将軍の異名をとる武将をご紹介いたします!その生涯を一緒に学んで、人生のヒントを見つけていきましょう!

公孫瓚:コーエーテクモゲームス

「この白馬陣に敗北はない!いざ進軍せよ!」

英雄名

公孫瓚(こうそんさん) 字:伯珪(はくけい)

生 涯(???~199年)

公孫瓚は中国大陸北部、幽州に生まれました。有力豪族の子ではあったものの、生母の身分が低かったために公孫氏の一門には認められず不遇な少年時代を過ごしました。しかし、公孫瓚は腐れることなく自身を磨き続け、もとより優れた容姿と大声の持ち主でもあったことから徐々に名声を高めていきました。公孫瓚の名声を聞きつけた軍の長官は自分の娘を彼に娶らせて、学者であった盧植(ろしょく)という人物の元で勉学を積ませました。このとき公孫瓚は後に蜀の皇帝となる英雄:劉備と出会い友になっています。

勉学を修めた後、公孫瓚は試験に合格して軍の監察役となりました。ある時、公孫瓚は巡回中に異民族に出くわしました(この頃の異民族は中国大陸を脅かす存在であり非常に厄介でした)。公孫瓚は自ら先頭に立つと、素早く敵を屠って撃退しました。以降、領地に対する異民族の侵攻回数は激減することとなり、公孫瓚はその活躍が認められて出世したのでした。

更に187年には大陸北部を荒らしまわっていた武将を撃退し、191年に漢王朝に不満を抱く黄巾賊30万が反乱を起こした際には数万の賊を討ち取る大戦果を挙げ、将軍職にまで上り詰めました。

順調な出世を果たしていく公孫瓚でしたが、次第に雲行きが怪しくなっていきます。188年以降、大陸北部:幽州全体を治めていた武将:劉虞(りゅうぐ)との対立が表面化して戦争になりました。戦いには勝ったものの、世評が高く一時期は皇帝候補でもあった劉虞を殺害してしまいます。

加えて、領地が近い名族:袁紹(えんしょう)との関係性も悪化。従弟が袁紹軍に殺されたことに怒り、復讐のために戦を起こすものの大敗。砦に籠って耐え抜こうとするものの、袁紹軍に加えて自身が殺害した劉虞を慕う武将達にも攻められ続け、進退窮まった公孫瓚は妻子を殺害後に自刃。乱世の渦の中に消えてしまうのでした。

エピソード

・公孫瓚はいつも白馬に乗り、騎射を得意とする部下数十機を連れていたことから「白馬将軍」の異名をとっていました。異民族からもその勇猛さは知られており「白馬将軍には手を出すな」といわて恐れられていました。

・立派な外見や勇猛果敢さとは裏腹に、名族コンプレックス(名門を登用しない)でありプライドも高く、自分以上の功績を周囲の人間が挙げられないように邪魔したり、部下を見捨てるといった小物感漂う人物でもあったようです。

・公孫瓚と仲の良かった商人たちは、その領地内で悪事を働くことが多く、民衆は次第に公孫瓚を嫌いになっていってしまいました。また、袁紹らに追い詰められた際には、7歳以上の男子を砦に入れることを拒み、妾を侍らせて誰も信用しなくなり、部下たちの心も離れていくこととなりました。

・劉虞との対立については、恩恵をもって異民族を治めようとする劉虞と、異民族を徹底的に根絶やしにするという公孫瓚の立場が真逆であったことが要因とされているようです。

・袁紹との対立については、袁紹とその弟である袁術が対立した際に、公孫瓚は袁術の味方となり、従弟を援軍として派遣しましたが、その従弟が袁紹軍によって殺害されたことが引き金となっているようです。

公孫瓚:コーエーテクモゲームス

私 見

戦場には白馬を駆り、武勇に優れる一方で人を信じ切れず民心が離れていく公孫瓚の生涯は、調べていて悲しくなってきます。個人的には一族に認めてもらえなかった少年期のコンプレックスが、彼の心に巣食う闇の現況ではないかと考えます。誰か心から信頼できる友がいれば。自分の非を認めて立ち直ることが出来れば・・・歴史は大きく変わっていたかもしれません。

公孫瓚の長所は、

・武勇に優れ、先陣を切って突撃できること。

・白馬を使った独自の戦術を展開できること。

短所は、

・人を信用せず、他人の足を引っ張ることに注力していること。

・自分の考え方に固執して、周りが見えなくなること。

こんなところでしょうか。小説「三国志演義」では、劉備の兄貴分として登場してあまり悪い点が見当たらないのですが、今回正史の方を見てみると何ともコンプレックスにまみれた人間味ある武将であることが分かりました。でも、私が三国志シリーズで初めて天下を獲らせた武将、この公孫瓚なんですよね~(笑)だからか、あまり嫌いになれないキャラクターでもあります!この人の短所は、誰もが持っている可能性があるものなので現代の私たちも注意していきたいものですね!!

さて、いかがだったでしょうか。皆さんの人生に役立つことはありましたか?

この記事を読んだ方々に幸福が訪れますように!!

公孫瓚に天下を獲らせるオススメゲームはコレ!!







-生き方, 自己啓発, 武将, 三国志, 公孫瓚

Copyright© うまぽよのパワースポットと自己成長研究所 , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.