健康から金運までお任せ!本城厳島神社!

皆さん、こんにちは!こんばんは!うまぽよです🐴✨✨

今日もご覧いただきまして、誠にありがとうございます!

さて、今回は久しぶりの神社紹介です!その神社の歴史を一緒に学んで、人生を豊かにするヒントを見つけていきましょう!

本城厳島神社(公式HPより)

神社名

本城厳島神社(ほんじょういつくしまじんじゃ)

御祭神

市杵島姫命(いちきしまひめのみこと)

御利益

健康・長寿・美の向上、金運上昇

解 説

栃木県足利市にある本城厳島神社は、別名「美人弁天」と呼ばれ、すべての女性の「健康・長寿・美」に関する願いを叶えてくれるといわれております。

この神社は、とにかく「美人」に特化していることで有名ですが、御利益はそれだけに留まらず、祭神の市杵島姫命、すなわち福神の弁財天を祀っていることから強力な金運も授かることができます。

この市杵島姫命の分身として、境内には「美人弁天」と呼ばれる黄金の像が朱色の「六角の宮」に安置されています(上記写真参照)。さらに、その脇には楽器の琵琶を持った2体の「なで弁天」が祀られており、この3体を合わせて「日本唯一の美人弁天」と称されているのです。

本神社の創建は戦国時代とされており、足利という地は室町時代中期から江戸時代直前まで、足利長尾氏が6代(約124年間)に渡って領有していました。その間、3代目の足利景長は城の守護神として弁財天を熱く崇拝しており、城の周囲にある要所に7つの弁天社を設置して分霊を祀って、さらに各社の側に護衛を配置して守らせたと伝わっています。

足利には多くの弁財天があり「長尾の弁天」と呼ばれ伝わっていますが、それはこの景長によって設けられたことに由来しているそうです。その中の一つがこの本城厳島神社であり、明治維新までは通称「明石弁天」と呼ばれ親しまれていました。

本城厳島神社で発行しているお守りは、かなりユニークなもので、日本で唯一の「美人証明」として大変人気があります。名刺サイズとはがきサイズの2種類があり、大きく「美人証明」と書かれたお守りは「美人弁天」の持つ女性守護のパワー、すなわち少女→妻→母と人生のステージを登っていくにあたり、女性の大事なものとされる生命の尊さ、美しさ、母性の優しさなどを守る霊力を表しているといわれています。

本城厳島神社は「美人弁天」にとっての「美人」とは、外見的な美しさではなく、すべての女性が持つ「女性の心の優しさ、輝く女性の内面的美しさ」を守り、証明するものとしています。この証明が多くの女性の心を打ち「美人弁天」の守護パワーが得られる「美人証明」を目的に参拝する方々も多いそうです。

また、「美人弁天」の脇にいる「なで弁天」を撫でることによって、心身がリラックスし、不安の解消、自信の向上、金運アップにつながり、結果として神社の持つ「健康・長命・美しさ」のご利益が強まるとされています。

女性本来の内面的な「強さ」「優しさ」そして「美しさ」が高まるこの神社、ぜひ一度訪れてみてはどうでしょうか!?

さて、今回はここまで。皆さんの人生に役立つことはありましたか?

公式HP

こちらからどうぞ!







-健康, 美しさ, パワースポット, 金運, 栃木県

Copyright© うまぽよのパワースポットと自己成長研究所 , 2022 All Rights Reserved Powered by STINGER.