富士山の霊力を秘める新屋山神社!!

更新日:

皆さん、こんにちは!こんばんは!
本記事をご覧いただきまして本当にありがとうございます!

さて、初夢で縁起がいいのは、「一富士、二鷹、三なすび」といわれておりますが、今回ご紹介するのはその1番目の富士山のふもとに建つ神社でございます!

公式HPより

御祭神

・大山祇命(おおやまづみのみこと)
・木花開耶姫命(このはなのさくやひめのみこと)

御神徳

金運、商売繁盛、農林業繁栄

説 明

日本人なら誰でも知っている、いや、現代では外国人にも広く知られている日本の霊峰・富士山のふもとに建つ神社で、それだけでも有難い雰囲気を感じる不思議な神社だと感じますね!

実際に参拝した人たちの口コミをみても、「生命力が溢れ出てる気がする」「気が上がるようなエネルギーを感じる」といった評価が広がっていき、まさに富士山のように「日本一」といっても過言ではない有名なパワースポットとなっています。

新屋山神社は、別名「富士山金運神社」「金運神社」とも呼ばれており、「お金に不自由したくないのならば富士山金運神社へお参りしよう!」として、全国的に人気を集めるようになったのは近年のことです。

この神社の独特な部分は、金運の効果がみられた体験がクチコミによって急速に広まったという、その発生源が明確である点です。それは日本の経営コンサルタント会社の草分けである船井総研(船井総合研究所)の創業者・船井幸雄氏が、とあるインタビューでこの神社を「お金に困らない」神社として紹介したことに起因しています。

船井氏は「イヤシロチ」という霊域の研究でも知る人ぞ知る存在です。「イヤシロチ」とは地磁気が高いレベルでマイナスイオンが多い地域のことで、こうした場所には高度なエネルギーが充満しており運気を向上させるとされ、富士山はその代表的な霊地 (=良い土地)というわけです。

新屋山神社の御祭神は、日本の山の神の 聡元締めといわれる大山祇命で、この神の娘で富士山の神として知られる木花開耶姫命 (別名:浅間大神)もともに祀られています。つまり、この神社の祭神自体が富士山の強力なエネルギーを秘めた神社というわけです。

地元では古くから職人や商売繁盛などの福徳の守り神として信仰されてきました。

また、富士山の二合目に鎮座している奥宮の背後の樹林の中にある環状列石(ストーン・サークル)は特に霊気が強力で、周囲を時計回りに3回まわったあと、富士山に向かって手を合わせてお参りすると願い事が叶うとされています。

皆さんもこの強力なエネルギーをいただきに行きましょう!

公式HP

こちらからどうぞ!







-パワースポット, 神社, 金運, 山梨県

Copyright© うまぽよのパワースポットと自己成長研究所 , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.